ホーム
サイト内検索

抜粋 あとがき

 本書の著者は、30代のほとんど10年を高知県の県立高等学校で、ついで7年にわたり高知県教育委員会事務局にあって主として同和教育を担当してきました。そうした経歴をもつ者が、たまたま永井荷風を読みはじめて、そこに認められた部落問題をめぐることがらについて書きとめたのが第1部「永井荷風と部落問題」です。現在の通常の用語では同和問題となるでしょうけれど、荷風の時代においては部落問題とするのが妥当と考えて表題としました。
第1部の初出については発表順に以下の通りです。

● 「傳通院」と「伝通院」(雑誌『こぺる』1996年9月)
● 永井荷風と部落問題〜天皇直訴事件のひとつの波紋(同1998年3月)
● 永井荷風と部落問題2〜「ひかげの花」の女をめぐって(同2001年3月)
● 永井荷風と部落問題3〜『断腸亭日乗』原稿訂正をめぐって(同2002年11月)
● 鳥追の光景(同2004年10月)
● 永井荷風と部落問題4〜尾崎紅葉の出生と「憂悶の情」をめぐって(同2005年2月)

 いずれも論旨は変えていないものの、多少の改稿を行なっています。
また第2部「隠せば差別はなくなるだろうか?」では第1部で指摘したテキストの改竄のような問題がどうして起こるのか、他の事例や自身の体験を踏まえて考えてみました。
 第2部についても『こぺる』に発表した教育・啓発関係の文章をもとにしながら趣旨に添うかたちで編集や稿を起こした部分が多くあります。
 第3部「荷風のほとりで」は書き下ろしの「荷風の見たダンスホール」と『教育解放』 号(2000年11月)に載せた「宴会論」を改稿した「荷風ことはじめ」のほかは『スローボートからのつぶやき』と題するわたしのブログから採りました。本文末尾に年月を入れてあるものはブログに書いた時期を指しています。
 「荷風の東京をあるく」に収めた5篇の短文は編集段階で書き起こしたもので、2011年に定年退職を迎え、そのあと東京に居を移して以後、はじめて書いた荷風にまつわる文章となりました。
 というのが本書の由来です。多くはこれまで『こぺる』に発表してきた一連の原稿であり、いずれもこぺる刊行会の代表者、編集責任者である藤田敬一氏のお世話になりました。学校で同和教育主任をしていた頃に読んだ同氏の『「同和はこわい」考』(阿吽社)およびその後の氏の言論活動から受けた影響がなければわたしの『こぺる』所載の原稿もなかったといって過言ではありません。あらためて藤田氏にお礼を申し上げます。…
 部落問題に関連しての永井荷風の知られざる、というかすくなくともこれまで大っぴらには語られていなかった一面ならびにそのテキストにまつわる問題や言論のありかたについて多少なりとも考える素材になっていればさいわいです。

                    2012年3月
                          野町 均 

出版ニュース 2012.5月上旬号

〈永井荷風は部落問題について深く考察し論じた文学者ではなかった〉〈こうした作家が偶然のきっかけで部落問題と遭遇したときどのような反応を示したか、また作家の社会認識がどんなふうに作用したのか〉
 著者はかつて高知県の県立高校や県教育委員会で同和教育を担当してきた経歴を持つ。本書は、文学者にとっての部落問題、特に自由人として明治から昭和の風俗を見つめてきた作家・永井荷風の作品から、部落問題に言及した箇所に注目し、当人の社会認識を掘り下げながら、一方でそのテキストが改竄され削除されたこと、のちの部落問題をめぐる出版や教育の状況に引きつけて提示する。

図書新聞 2012.12.15(No.3090)

 安易に抹消もしくは改竄されたテキスト
   部落問題に関わる自らの言葉・文章・発言・行為に対する
   明確な気構えと社会的責任が前提として必要不可欠

                           朝治 武

 最近では陰りを見せてきたとはいえ、大阪市長の橋下徹氏は刺激的かつ煽情的な物言いもあって今なお大きな注目と高い支持率を得ているが、独断専行型の政治姿勢と積み上げられてきた成果を否定する政策に対する批判の声も根強い。このような状況の中で、私が勤務する大阪人権博物館は橋下氏の主導によって廃館の危機に追い込まれているが、運営継続のために全力を傾注していくことこそが橋下氏の政治姿勢と政策に対する私なりの異議申し立てである。
 このように考えて奔走していた先々月、『週刊朝日』に佐野眞一氏と取材班による「緊急連載 ハシシタ一奴の本性」が始まった。その意図は政治家としての橋下氏の「政治手法を検証する」のではなく、橋下氏個人が「非寛容な人格」「厄介な性格」となった原因として「両親や、橋下家のルーツ」を調べあげようとするものであり、内容的には橋下氏の父親が「被差別部落出身」であり「ヤクザ組織」に入っていたことを暴きたてるなど差別に満ち、また言葉の選択や取材による文章の運び方などにおいても甚だしく適正を欠くものであった。当然に橋下氏が抗議の声を挙げ、『週刊朝日』は詫びの意を表して連載を中止し、佐野氏においても詫びの見解を示した。ここから窺われるのは部落問題に関して限定すると、文筆に携わる者が如何なる状況と文脈で取り上げ、自らの言葉や文章に如何なる気構えを持っているかであり、また編集者や版元が如何なる社会的責任を自覚しているかなどの古くて新しい問題群である。
 この『週刊朝日』の問題と形を変えて通底しているのが、本書の著者である野町氏が問おうとした永井荷風と部落問題に関わる次の事柄であろう。野町氏によると、1910年の『三田文学』に発表された「傳通院」の一文には「穢多町」があったが、後に岩波書店から出された幾つかの編集本では「穢多町」は消される場合もあったという。また著名な『断腸亭日乗』において
1927年の軍隊内差別に関わる北原泰作の天皇直訴事件に触れた一文にあった「穢多村」は、荷風が生前の1948年に中央公論社から出された『荷風全集』で「水平社」とされ、荷風が亡くなった後の1962年に岩波書店から出された第一次『荷風全集』では「×××」にされたという。
 「穢多」とは明らかに江戸社会における差別的な身分呼称であり、近代社会の初頭には法的に廃止され、部落差別を如実に象徴するだけに社会生活上では使うべき言葉ではないと徐々に意識されていった。しかし耽美主義の荷風が「傳通院」で「穢多町」を使ったのは近代社会の東京に残る江戸社会の「情趣」を表現するためであったと考えられ、文学的表現として使用することは無理からぬことでもあったと言える。むしろ本書で野町氏が問題としたのは、荷風に「穢多」の使用など明確な部落問題認識はなく、差別的視線さえ持ち合わせていたことであり、また後の編集本では荷風の文学的世界と結びつけて部落問題認識が検討されることなく、歴史的事実に眼を閉ざして「穢多」という言葉が安易に抹消もしくは改竄されてしまったことである。ただ荷風が生前の『荷風全集』で『断腸亭日乗』の「穢多村」を自身で「水平社」に変更したことは荷風なりに意味あることであったが、それに反して第一次『荷風全集』では編集者と版元が説明もなく「×××」としたことは荷風の意図を無視した問題ある処置であったと言うべきであろう。
 今日、部落差別の現れ方や部落の存在形態は大きく変容し、同和対策事業の終焉や部落解放運動をめぐる不祥事も関係してか、かつてほど部落問題の社会的重要性が語られなくなったように思われる。また野町氏によると、部落問題に関して問題が惹起すると政治的決着のみならず部落解放運動団体の対抗主義的圧力行為や対立的構図などもあって、議論を避ける歪んだ状況さえも生み出され、この状況が荷風と部落問題に関わる抹消や改竄が起こることとも関係しているという。野町氏が主張するように、部落問題についての自由で開かれた議論を積み上げていくことは重要であるが、その前提には文筆に携わる荷風をはじめ野町氏や私のみならず佐野氏ら、それに編集者や版元だけでなく部落解放運動団体なども含めて、部落問題に関わる自らの言葉・文章・発言・行為に対する明確な気構えと社会的責任が必要不可欠であるように痛感されてならない。
                     (近現代部落史研究)

京都部落問題研究資料センター通信 第28号(2012年7月25日)

 本の紹介
 野町均著 『永井荷風と部落問題』

          田中勝子(大阪「文学表現と思想の会」会員)

 著者の野町氏は、長年にわたり高知県の県立高校や教育委員会事務局で同和教育に携わった経歴を持つ。傍ら氏は永井荷風を愛読する。本書は、そのような著者が、折々に書きとめた文章からなっている。
 本書の論考の多くは、藤田敬一氏が刊行会代表を務めている『こぺる』誌が初出である。著者は、「『同和はこわい考』(阿吽社)およびその後の氏の言論活動から受けた影響がなければわたしの『こぺる』所載の原稿もなかったといって過言ではありません」とあとがきに書いている。
1987年に刊行された藤田敬一氏の『同和はこわい考』は、部落解放運動に一石を投じた。部落外の人間で解放運動の随伴者であった藤田氏が悩みぬいたことは、「部落民でない者になにがわかるか」という一言により、対話の道が閉ざされてしまうということであった。藤田氏が「随伴者にすぎぬ自分に疲れはて」「挫折と不信」に落ち込みそうになつた時、氏も編集に携わつた『紅風』(49号、1981年9月)に掲載された「運動が置き忘れてきたもの」という前川む一氏の文章に出会う。
 「私たち被差別部落の兄弟が、肩をいからせて、世間を歩くようになったのは、一体いつからのことで、何がそうさせるようにしたのだろうか(中略)。『特措法』の前と後とでは、随分、兄弟の心と人間とはかわった。かわらずにあるのは、依然としてつづく部落差別と、深く屈折した憎悪である」「貧しさはもう御免だ。差別ももう許せない。しかし、物を要求するときだけ『部落差別をいう』心のいやしさと怠惰はもっと許せない」と、前川氏は書いた。藤田氏は前川氏との対話を通して、「対話のとぎれるしくみ」に風穴をあけ、「両側から超える」ために、なにができるかを考え始める。この問いかけの中で生まれたのが『同和はこわい考』であった。
 著者が初めて差別事件を体験したのは、高校教員になつて5年目のことである。生徒の机に「エタ」という落書きが見つかり問題になった。物情騒然たる中、延々と職員会議が続き、「差別者としての教職員は同和地区出身生徒、保護者、部落解放運動団体に拝脆せよ」というに至る。たしかに学校で落書きは発見された。しかし、そのことで個々の教員が差別者ということになるのか。何はともあれまずは脆いて難をさけようという職員会の姿勢は著者には納得しかねるものだった。
 その後も著者は、さまざまな部落差別に係わる場面に遭遇するが、対話を拒む一方的な糾弾と糾弾される側の萎縮に疑問を感じていた。そのような時に、藤田敬一氏の『同和はこわい考』に出会うのである。
 著者は『同和はこわい考』の対話のとぎれるしくみに風穴をあけるという提案を、さらに押し進め、精神の自由に則った開かれた対等の立場での議論の必要を説く。同和問題が一歩新しいステージに入ったことを感じさせる論考である。

 全体は3部に分かれている。
 第1部「永井荷風と部落問題」では、出版における差別的用語の扱いについて論じ、永井荷風の被差別部落についての記述を通して、被差別民へのまなざしを探っていく。
 まず論じられるのは、永井荷風の「傅通院」(でんづういん)という随筆の改竄問題である。この随筆は、幼少期の荷風の生活圏であった小石川界隈の失われた風物を懐かしんで書かれたものである。その一角には被差別部落もあった。文中に次のような個所がある。

 「嘗ては六尺町(ろくしゃくまち)の横町から流派(りうは)の紋所をつけた柿色の包みを抱へて出て來た稽古通ひの娘の姿を今は何處(いづこ)に求めやうか。
久堅町(ひさかたまち)の穢多町(えたま[ママ])から編笠を冠つて出て來る鳥追(とりおひ))の三味線を何處に聞かうか。時代は變つたのだ」

 これは1981年、岩波書店刊『荷風随筆』第1巻に所収の「傅通院」からの引用である。
 ところが1986年刊の野口冨士男編集による岩波文庫版『荷風随筆集』では、旧字旧仮名の表記が改められ「傅通院」が「伝通院」となっただけでなく、「久堅町の穢多町から」の部分が「久堅町から」とされ「穢多町」の語が削除されてしまっているのである。これは伏字にするよりも一層不誠実な対応だと著者は言う。荷風は「小石川、久堅町の一角がかつては『穢多町』であり、『鳥追の三味線』は被差別民の生業であったと記述している」のであり、その事実が読者の目に隠されてしまうと言うのである。
 岩波書店は2000年4月に現代文庫の1冊として川本三郎編『荷風語録』を刊行する。編集付記に「本書に収録した作品の中に、今日の観点からは不適当と思われる表現があるが、原文の時代性を考慮し、そのままとした」とあるにもかかわらず、収録の「伝通院」の底本としているのは改竄のある『荷風随筆集』であり、ここでも「穢多町」の語は削除されたままである。岩波書店に一考を求める
文書を送ったが、梨のつぶてとのことである。
 著者は差別語を巡る岩波書店の姿勢を検証する。

●高橋貞樹『特殊部落一千年史』を岩波文庫に収録する際、『被差別部落一千年史』に改題。
●永井荷風『断腸亭日乗』の昭和2年11月23日の北原泰作天皇直訴事件について記した個所。1992年から配本が始まる『荷風全集』では「昨日号外を売る声聞こえし故何事なるやと思ひゐたりしに、過日名古屋にて観兵式の折穢多村より徴兵に取られたる一兵卒今上皇帝の馬前に進み出でヽ直訴なせし事変なりといふ」となっている個所、1962年から配本の第1次『荷風全集』では「穢多村」の個所が「×××」とされていた。
●河上肇『自叙伝』中の、小菅刑務所に収監されていたおりのことを書いた個所で、河上はある獄舎を「特殊部落であり」としていたが、岩波書店は「特殊部落であり」を消して「七字削除」とした。
●『漱石全集』中の『坑夫』における伏字の措置は古い。さつまいもを「芋中のヽヽとも云はるべき此のお薩」と形容した個所。「ヽヽ」については「差別的言辞を憚(はばか)り、昭和十年の決定版以来伏字とした」との注がある。この例では逆に最新版で「ヽヽ」の個所は「穢多」という文字が起こされた。著者によれば、『漱石全集』にはもう1個所、伏字になっていた個所があり、これも最新版では「穢多」の字が起こされた。
●杉田玄白の『蘭学事始』の原文の「腑分の事は穢多の乕松といへるもの、此事に巧者の由にて」の個所が、緒方富雄の現代語訳(1984年)では「穢多」が隠され「ふわけの仕事は虎松というのが巧みだというので」とされている。この個所の穢多の文字の扱いを巡る苦慮は、他社の現代語訳にも見られるところである。

 著者の一貫した主張は、いかなる表現も、時代意識の反映であるから改変すべきではないというものであり、「漱石ほどの知識人においてなお被差別民には厳しいまなざしを注いでいた」という事実は隠すべきではないというものである。右に掲げた、岩波の出版姿勢を見る限り、著者の主張通りの方向に進んでいるようにも見える
 原稿の削除、改変は荷風の手によっても行われた。そこに著者は、部落問題に遭遇した時の荷風の反応を見ようとする。
 荷風自身による削除は「巷(ちまた)の声」という随筆に対してなされる。この作品中に子どもの頃に見た雪駄直しを回想した「道具を入れた笊(ざる)を肩先から巾広(はばぴろ)の真田(さなだ)の紐で、小脇に提げ、デーイデーイと押し出すやうな太い声。それをば曇つた日の暮方ちかい頃などに聞くと、何とも知らず気味のわるい心地がしたものである」という個所がある。削除の経緯は『断腸亭日乗』に見ることができる。北原泰作天皇直訴事件についての日記の数日後の昭和2年12月3日の日記である。銀座を歩いていた荷風は知人に会う。『中央公論』正月号のために書いた「巷の声」に雪駄直しのことを書いたと話すと、その知人は、菊池寛が作品中に穢多の文字を用いたために水平社に壱千円をゆすり取られた話をし、雪駄直しの記述は 「水平社の禍を招ぐやも測りがたければ心したまふべし」と言う。荷風は「近藤君のはなし心にかヽりし故、早速手紙を認(したた)め、過日郵送せし拙稿中雪駄直しにかヽはる文字は印刷の際削除すべき旨島中氏の許に申送りぬ」と記している。雪駄直しは被差別民の生業であった。削除個所は「雪駄直し」と「デーイデーイ」というその呼び声についての記述であるが、これは1962年、岩波の『荷風全集』に収録された時には復元された。荷風の水平社に対する過剰な反応といえる。
 「永井荷風は部落問題について深く考察し論じた文学者ではなかった」と著者は書いている。しかし、好んで陋巷を放浪した荷風の眼差しは、自然、被差別部落や貧民街に注がれる。荷風に、部落問題や貧困問題が社会問題に発展しうるものであるという認識はあったはずである。しかし著者の言うように「荷風の場合、江戸の昔とその雰囲気が残る明治の世の『情趣』を作り出すために背後の『社会問題』は外に追いやっていた」のである。
 「ひかげの花」という作品がある。私娼のお千代とそのヒモ重吉を描いた作品であるが、この作品の創作の舞台裏を荷風は『断腸亭日乗』に書いている。昭和7年(1932)の暮れに荷風はお千代のモデルとなる黒沢きみという女性を知り、交情を重ねるようになる。荷風は「閏中秘戯絶妙」などと記している。永井荷風はこの女性をモデルにして小説を書きたいと思い、浅草の警察署を訪れ、黒沢きみの戸籍の閲覧を申し出るのである。閲覧は許されなかったが、翌日には探偵事務所に「黒沢きみ身元探索の事を依頼」するのである。現代の人権意識からは考えられないことである。荷風は「彼女は茨城県水戸市外の水平社に属するものなるやの疑もあるなり」と記している。荷風は、なにを以てそんなふうに考えたのであろうかと著者は問う。「ことは荷風の部落および部落民に対するイメージの問題に係わる」と言うのだ。著者は荷風作品のいくつかの断片にその手がかりを得ている。
 ひとつは、大正13年、プラトン社発行の『女性』に発表された「寺めぐり」(のちに「礫川逍遥記」と改題)という作品中の、虎蔵という永井家の抱(かかえ)車夫の父親が「町方の手先」だったとして、その思い出に触れた部分である。少年時代、荷風は虎蔵に連れられてその家を訪ねたことがあつた。「貧しき家の夕闇に盲目の老父のかしらを剃りたるが、冗然(ごつぜん)として仏壇に向ひて鉦叩き経誦める後姿、初めて見し時はわけもなく物おそろしくおぼえぬ。わが家の女中ども虎蔵がおやぢはむかし多くの人を捕へ拷問なぞなしたる報ひにて、目も見えぬやうになりしなりと噂せし」と書かれている。「町方の手先」は江戸時代の被差別民である。
 もうひとつは、先に挙げた 「巷の声」の雪駄直しの呼び声について書かれた「曇った日の暮方ちかい頃などに聞くと、何とも知らず気味のわるい心地がしたものである」という個所。
 荷風が被差別民に対して感じていたのは「わけもなく」「何とも知れ」ない異様な雰囲気であった。これは「もちろん被差別民が異様なのではなく、異様と感じる心性が社会意識としてあって、荷風もそのなかにあった」ということである。
 他方で『日和下駄』という作品には「貧しい裏町に昔ながらの貧しい渡世をしている年寄りを見ると同情と悲哀とに加えてまた尊敬の念を禁じ得ない」という個所がある。著者は「尊敬というのはいささか奇異であるが、下町の晒巷(ろうこう)に美と情緒を発見した文学者のそこに住んで生活したいという憧れの気持ちを表した言葉であろう」と書いている。住んでみたいと思ったかどうかは分らないが、時代が下るに連れて失われていく、下町とそこに暮らす人間の哀愁を尊んだのであろう。
 『断腸亭日乗』は戦後になつて出版された。この出版に際しても、荷風自身の手によって、切り取り、復元などの措置が加えられている。荷風によって手を加えられた一つは、戦中の軍部を批判した個所である。戦中は「軍部からの難を避けるべく細心の注意をはらって『切取』とか『抹消』とかの措置」をほどこしていた荷風であつたが、昭和16年6月15日の日記に「今日以降余の思ふところは寸豪(すんごう)も憚り恐るる事なくこれを筆にして後世史家の資料に供すべし」と記し、続けて軍部批判を行なっている。
 戦後、中央公論から出版する際に、荷風は原本では削除されている個所を復元したが、逆に難を恐れずとして書き付けた軍部批判の部分を新たに削除したりしている。著者は、磯田光一著『永井荷風』から「祖国が敗亡に瀕し、国民が占領軍への礼讃者になつてしまったとき、荷風は多くの言論人に和して、自国の過去を裁くことだけはためらった」「あえて戦後の動向に和合しない」「荷風ごのみの鮨晦(とうかい)」であったとの解釈を引用している。
 今一つ、荷風により削除、改変されたのは、いずれも「穢多」という記述に係る個所である。著者の調べでは、それは3個所あるとのことである。部落解放運動をふくむ時代の潮流が荷風に、「穢多」という語は避けるべきだという判断を迫ったのではないか、と著者は推測している。
 第1部にはその他に「出生の秘密を引きずる作家たち」と題する章があり、社会的差別意識の時代制約から、自分の出生や、妻の前身など隠さなければならなかった作家たちのことが語られ、それに対する荷風の見解も紹介される。
 第2部「隠せば差別はなくなるのだろうか?」では、すでに第1部の記述と合わせ紹介したが再度文章の改竄問題が語られ、著者が教育現場で遭遇した「遠慮の構造」(小浜逸郎氏の用いた語)からくる萎縮した精神に関連付けられる。著者の主張は、すでに冒頭で述べた通りであり、その事例の一つ「机に書かれた落書き」事件についてはすでに紹介した。
 第3部「荷風のほとりで」は、文字通り荷風を巡るエッセイで、主に映画化された荷風作品について語られている。著者の荷風への愛好ぶりが窺える。
 その他に「荷風の東京をあるく」と題する5編の短文が挿入されている。著者は、荷風が江戸切絵図を懐に江戸の面影を求めて東京の町を歩いたように、カメラを下げ荷風が作品に描いた東京の面影を求めて歩く。

 以上のように、著者が折々に書きとめた文章からなるので、やや雑多な感じを与えるが、それらを通して「開かれた議論を」という著者の一貫した姿勢を見ることができる。永井荷風をこれまでにない視点から論じたユニークな作品である。