ホーム
サイト内検索

抜粋 はじめに

筆者は、十数年前、海外へ移住した。
―そこには、「違う善悪」が存在した。

しかし、本書は彼我の違いではなく、「善悪そのもの」について論じるものだ。
異文化体験は、その重要性を筆者に教えてくれた。

数千年という歴史の中で、人類は善のために悪と戦い、命を落とし、命を奪い続けている。本書のテーマは古く、世界では、いまだ新しい。
さらに言えば、幾億の人々の血を吸って、恐ろしく重い…

もし、あなたが善悪に関して真面目な方なら、本書を読み進める中で、怒り・恐怖など不快な感情を抱くかもしれない。
それは大変に自然なことだ。

そんなときはどうか無理をせず、
本書を眠らせていただきたい。