成熟社会のライフサイクル

  菊本義治/松浦昭/生越利昭 編

 

もはや高成長を望めない「成熟経済」のもと、これまでのライフサイクルが根底から問われている。本書は、「生涯生活権」をキーワードに人口、教育、家族、結婚、雇用、年金、医療、福祉等、少子・高齢時代の到来にともなう問題点をえぐり、生涯安全で安心な暮らしを営める新たな社会システムのあり方を考える

目次
安全・安心のライフサイクル
子どもの「異変」と教育改革
少子高齢社会における家族の安全と安心
成熟経済における雇用保障
生涯生活権を保障する公的年金制度
高齢社会における医療と福祉
フランスの家族と雇用
市場と国家の役割
成熟社会のライフサイクル提言
 松浦昭
 吉川卓治
 八木秀夫
 菊本義治
 斎藤立滋
 萩原弘子
 浜田道夫
 生越利昭
抜粋
主な論点
書評
出版ニュース
関連書
デンマークの光と影

購入案内
amazon.co.jp
リベルタ出版

¥2000(税込2160円)46判上製240頁01年04月刊
ISBN978-4-947637-72-7