幼児化する日本人 戦後日本の大衆心理

  北原 惇 著 ...著者について

「日本人は12歳の少年くらい」と評したのはマッカーサー元帥だった。その後、先進国入りした日本だが、どこまで成長したと言えるのか。精神分析学にいう「同一視」、霊長類学にいう「操作動機」を鍵に、戦後日本の社会と文化の変容を解明する。

目次
大衆心理で読み解く日本の戦後
  敗戦の痛手
  攻撃者との同一視
  同一視を反映した日本の文化
  高度経済成長と先進国日本の誕生
幼児化する先進国の大衆
■・ 先進国社会の共通心理
  自己中心の人間
  操作したがる人間
  先進国の大衆文化

抜粋

まえがき

書評

図書新聞
ふぇみん
出版ニュース
日本教育新聞
ほんのこべや
週刊金曜日

関連書
霞が関の犯罪:「お上社会」腐蝕の構造

購入案内
amazon.co.jp
リベルタ出版

¥1800(税込1944円)46判上製208頁05年10月刊
ISBN978-4-947637-97-0