ポストアメリカニズムとグラムシ

  片桐 薫 著 ...著者について

9・11を契機に、アメリカの自由と民主主義は死んだ。国の活力の源泉を失った「唯一の超大国」はどこへ?グラムシの「アメリカニズム」論、セン、サイードらの議論を手がかりに、ちょっと変わった角度からその後の世界のゆくえを探る。

目次  ...詳細
アメリカニズムの終焉
植民地、ポスト・コロニアルとマルクス主義
サバルタン問題、昨日と今日
現代におけるヘゲモニーの危機
現代知識人の新たな役割
現代における自由と道徳 グラムシとセン
国家、市民社会、グローバリゼーション

抜粋

プロローグ

書評

出版ニュース
図書新聞

関連書
君はグラムシを知ってるか?
USО・ウソ・アメリカ:「帝国」現地レポート

購入案内
amazon.co.jp
リベルタ出版

¥1900(税込2052円)46判上製240頁02年11月刊
ISBN978-4-947637-78-9