暗闇のTVグラフィティ

  野間 映児 著

ロス疑惑からXデーまでテレビをめぐる日々折々の話題を取り上げながら、番組作りの舞台裏から日本TV界の深刻な病巣をえぐり出す。「筆者の視線は広範囲のテレビ現象を柔軟にとらえ、小気味よく料理していく」(図書新聞、日高あつ子氏評)。

目次
ロス疑惑番組の危険な側面
横行する原発礼賛番組
下請け商売に本腰入れるNHK
中途半端なヤラセが事件を招く
あの手この手の偽装CM番組
自民党が各局にプレッシャー
犯罪天国の民放テレビ局!?
失敗するイベント番組もあるのだ
巻き返し図るタバコCM
アニメプロの苦しまぎれ商法

摘要
クライシス地方局

購入案内
amazon.co.jp
リベルタ出版

¥1600(税込1728円)46判並製248頁88年07月刊
ISBN978-4-947637-05-5
品切れ