原発ゴミはどこへ行く

  倉澤 治雄 著 ...著者について

今後、続々廃炉を迎える日本の原発。再稼働の如何にかかわらず、放射性廃棄物の処分問題は、私たちの上に重くのしかかる。スリーマイル島、チェルノブイリ、フクシマの3大原発事故サイト、フィンランドのオンカロ 最終処分場など、注目の原発関連施設を実地踏査 、放射性廃棄物の処分に焦点を当ててリポート。福島、六ヶ所村、幌延など日本の将来を展望する。

目次  ...詳細
序章 原発ゴミと小泉さん
1章 オンカロの挑戦
2章 チェルノブイリは終わらない
3章 スリーマイルの憂うつ
4章 福島第一原発の絶望
5章 原発ゴミの正体
エピローグ
抜粋
エピローグ
CM
書評
信濃毎日新聞
クレヨンハウス通信
出版ニュース
ジャーナリスト
東京新聞
ふぇみん
図書新聞
北海道新聞「どうしんWeb」
関連書
石棺:チェルノブイリの黙示録【新装版】
動燃・核燃・2000年
どうするプルトニウム
原発から見えたこの国のかたち

購入案内
amazon.co.jp
楽天ブックス
リベルタ出版

¥2200(税込2376円)46判上製256頁2014年11月刊
ISBN978-4-903724-43-0 C0036