原発から見えたこの国のかたち

  鈴木 耕 著 ...著者について

「フクシマの破局」と深刻な放射能汚染は、この国の人々の意識に強烈なインパクトを与えた。人々の緩やかな連帯が国のかたちを変える。脱原発社会へ向けての「終わりなき始まり」の記録。作家・落合恵子さん、東京世田谷区長・保坂展人さん推薦。

目次  ...詳細
終わりなき《まえがき》
第1章 原発さえなかったら…
第2章 原発と想像力
第3章 原発はいらない20の理由
第4章 原発事故と被曝
第5章 原発マフィア
第6章 原発と政治家
第7章 原発とメディア
終わりが見えない《あとがき》

抜粋

終わりなき《まえがき》

書評

週刊金曜日
志村建世のブログ
しんぶん赤旗
日刊ゲンダイ
出版ニュース
ブックウェーブ
週刊新潮
ジャーナリスト
図書新聞
奔流

推薦メッセージ

  真実を否定することは、できない。
  過去と現在の事実と真実の上に、
  未来への弛まぬ意志と希求が、
  いま立ち上がる。
  憤りと共感と想像力をもって
  呼びかける。
  「いのち」のほかに、いったい何を
  かけがえのないものとするのか! と。
            (作家・落合恵子)

  あの時、私たちは震えながら怒った。
  原発事故の錯綜した状況を撃つ力が
  ここにある。
            (東京世田谷区長・保坂展人)


関連書
原発ゴミはどこへ行く?
差別としての原子力【新装版】
動燃・核燃・2000年
臨界被曝の衝撃

購入案内
amazon.co.jp
楽天ブックス
リベルタ出版

¥2000(税込2160円)46判上製272頁2012年07月刊
ISBN978-4-903724-33-1