炭は地球を救う

  宮下 正次 著 ...著者について

20世紀化石文明は酸性雨をもたらし、奥山の森をも「白骨林」に変えた。溶け出したアルミイオンは魚を殺し、人間の脳をも冒す。本書は、各地で立ち枯れる森林の惨状を足と写真で明らかにし、木炭を使った独創的な緑の回復運動を呼びかける。

目次
森へ行こう
水が消えていく
立ち枯れの山を行く
なぜ立ち枯れが…
国有林再生のために
炭に未来を託して

抜粋

まえがき

書評

日本農業新聞
毎日新聞
前衛
上毛新聞
女性のひろば
ふぇみん
マイ・リトル・タウン
週刊金曜日
図書新聞
MORGEN

関連書
炭はいのちも救う
傷だらけの百名山
どうする国有林
よみがえれ国有林
こうすればできる100年住宅

購入案内
amazon.co.jp
リベルタ出版

¥1900(税込2052円)46判上製240頁02年02月刊
ISBN978-4-947637-76-5