よみがえれ国有林

  笠原 義人 編

国土の2割をしめる国有林。かつては緑豊かだったこの森が、近年とみに荒れている。本書は、3兆円を超える林野庁の赤字が実は官僚によって「作られた赤字」であることを明らかにし、日本に美しい森と活力ある林業を回復させる手だてを説く。

目次
森林の危機と国有林
「改善計画」は何をもたらしたか
国有林をダメにした独立採算と企業会計
どうする国有林

関連書
どうする国有林
傷だらけの百名山
新・傷だらけの百名山
山小屋はいらないのか

購入案内
amazon.co.jp
リベルタ出版

¥1500(税込1620円)46判並製192頁96年11月刊
ISBN978-4-947637-39-0
在庫僅少