続・傷だらけの百名山

  加藤 久晴 著 ...著者について

開発の手は山を駆け登り、「魔の山」をも観光地に変えてしまった。酸性雨霧に立ち枯れるブナ、スキー場開発に営巣地を追われるイヌワシ、啼くに啼けないナキウサギ。谷川岳、苗場山、丹沢、大雪山旭岳、利尻山の異変と危機を見据える満身創痍の百名山事情。

目次
歩いて登ろう谷川岳:山はレジャーランドではない
街から山へ"空中鬼":大気汚染で荒れる丹沢・奥日光
啼けないナキウサギ:狙われる旭岳、手つかずの利尻山
リゾート栄えて山河滅ぶ:三国山系と苗場山に伸びる魔手
関連書
傷だらけの百名山
新・傷だらけの百名山
山小屋はいらないのか
どうする国有林

購入案内
amazon.co.jp
リベルタ出版

¥1900(税込2052円)46判上製240頁96年06月刊
ISBN978-4-947637-37-6
品切れ